【Infrastructure as code】Ansible入門その2

どうもKuboです。

本日は以前紹介しました、Ansibleの環境構築を紹介しようと思います。

前回の記事はこちら

【Infrastructure as code】Ansible入門その1
どうもKuboです。 最近私はAnsibleと呼ばれる構成管理ツールを使ってAWSの構築を行っています。 今日は入門編としてどういうものなのかご紹介させていただきます。 Ansibleとは Redhatが開発するオー...

 

スポンサーリンク

環境構築

まずはAnsibleを実行する環境構築から始めたいと思います。

OS

今回インストールす環境はこちらAWSでEC2立てたての環境です

$ cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux release 8.0 (Ootpa)

Python

$ sudo yum install @python36
$ sudo alternatives --config python

There are 2 programs which provide 'python'.

Selection Command
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/libexec/no-python
2 /usr/bin/python3

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 2

Ansible

$ sudo pip3 install ansible

インストールされたかバージョン確認

$ ansible --version
ansible 2.8.5
config file = None
configured module search path = ['/home/ec2-user/.ansible/plugins/modules', '/usr/share/ansible/plugins/modules']
ansible python module location = /usr/local/lib/python3.6/site-packages/ansible
executable location = /usr/local/bin/ansible
python version = 3.6.8 (default, Apr 3 2019, 17:26:03) [GCC 8.2.1 20180905 (Red Hat 8.2.1-3)]

boto3

PythonからAWSへ接続するライブラリ

$ sudo pip3 install boto3

awscli

aws をコマンドラインから操作するライブラリ

$ sudo pip3 install awscli

インストール出来たらconfigファイル等の設定

$ aws configure --profile test

 

これで準備完了!

今日は環境構築して疲れたから帰ろっと
ちなみにこれが公式サイトのインストールガイドです。

以上、Kuboでした。

開発日記
この記事の投稿者
kubo

このサイトの共同編集者、プログラマ、素人デザイナー
得意言語:Java,PHP,Python

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
WoW creators

コメント

タイトルとURLをコピーしました